LABORATORY研究室紹介

メディアサイエンス研究所には、学部および研究科において27の研究室があり、
デジタルメディア、デジタルコンテンツ分野の研究を推進しています。

※掲載情報は、2017年12月現在のものです。(50音順で表示)

荒木シゲル研究室

対面コミュニケーションにおける、身体表現と心理状態の関係を体系化し、組織の生産性を向上する上で求められる個々の行動特性の研究。

荒木シゲル
デジタルコンテンツ研究科 客員教授
五十嵐健祐研究室

ヘルスケアにおける課題に対してデジタル技術を使った問題解決の手法の研究及びその体系化

五十嵐 健祐
デジタルコンテンツ研究科 特任准教授
梅本克研究室

秋葉原におけるソーシャルキャピタルとしてのコミュニティデザイン

梅本 克
デジタルコミュニケーション学部 特任教授
海老根智仁研究室

ITを使った先端研究かつ、ビジネスモデルの構築

海老根 智仁
デジタルコンテンツ研究科 教授
大島一豊研究室

インサイト研究
デジタル時代の企業と消費者の関係に着目、そのポイントはメディア&コンテンツデザインにある。そこで数々のインサ イト研究を重ね企業の消費者創造資源としてその枠組みを構築する。

大島 一豊
デジタルコンテンツ研究科 客員教授
荻野健一研究室

ネットワークに接続するセンサーから取得するライフログに、ソーシャルメディアから得られる気分(感性とインサイト情報) を掛け合わせたモノ・コト・ヒトと親和性の高いシナリオ開発とコミュニケーションプラットフォームの研究

荻野 健一
デジタルコンテンツ研究科 教授