LABORATORY研究室紹介

吉田就彦研究室

吉田就彦
デジタルコンテンツ研究科 教授

主な研究テーマ

ヒット学及びSNS分析によるヒット商品の要因分析及びヒットのビジネス・モデル研究。コンテンツ・プロデュース手法の研究及びその人材育成手法の研究。

研究概要

ヒット学とは、吉田が提唱しているヒット要因やヒット法則をまとめたもので、その尺度により様々な商品やサービスのヒット要因を分析し、その知見を得るもの。SNS分析では、SNS上の書き込み分析からその商品やサービスのヒット要因等を探る。 これまで、エンタテインメント商品や食品を中心に、その成功要因を分析。コンテンツ・プロデュース手法では、毎年、「木暮人国際映画祭」のプロデュースに研究室及びラボ授業として取り組み、実際のイベントのプロデュースを通じて、知見をためている。近年では、ASEANに日本のヒ-ロービジネスを展開する(株)カレッジフォ-スを設立し、現在その第1弾としてタイ国にて「MIRAIGAR T1」なるタイのヒーローをプロデュース中。

専門領域・キーワード

マーケティング、ヒット要因分析、コンテンツ・プロデュース、人材能力開発、コンテンツ・ビジネス戦略