吉田就彦研究室

吉田就彦

吉田 就彦
デジタルコンテンツ研究科 教授

主な研究テーマ

ヒット学及びSNS分析によるヒット商品の要因分析及びヒットのビジネス・モデル研究。コンテンツ・プロデュース手法の研究及びその人材育成手法の研究。

研究概要

ヒット学とは、吉田が提唱しているヒット要因やヒット法則をまとめたもので、その尺度により様々な商品やサービスのヒット要因を分析し、その知見を得るもの。SNS分析では、SNS上の書き込み分析からその商品やサービスのヒット要因等を探る。
これまで、エンタテインメント商品や食品を中心に、その成功要因を分析。コンテンツ・プロデュース手法では、毎年、「木暮人国際映画祭」のプロデュースに研究室及びラボ授業として取り組み、実際のイベントのプロデュースを通じて、知見をためている。近年では、ASEANに日本のヒ-ロービジネスを展開する(株)カレッジフォ-スを設立し、現在その第1弾としてタイ国にて「MIRAIGAR T1」なるタイのヒーローをプロデュース中。

専門領域・キーワード

マーケティング、ヒット要因分析、コンテンツ・プロデュース、人材能力開発、コンテンツ・ビジネス戦略

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
シンポジウム 2011国際森林年記念シンポジウム「木の国再び」第1部「法隆寺五重塔の木造建築と東京スカイツリーの共通性に見る日本文化の未来」 2011年
12月
皆川芳嗣林野庁長官、元東京芸術大学学長澄川喜一氏らを招いた2011国際森林年記念シンポジウム「木の国再び」にて、第1部として「法隆寺五重塔の木造建築と東京スカイツリーの共通性に見る日本文化の未来」のナビゲーション。
講演 吉田私塾「戯塾」 2012年
2月~
毎月第一水曜日に定期的に開催する吉田私塾「戯塾」。毎回テーマを決めて講演。テーマとしては、「スティーブ・ジョブズを考える」「東日本大震災を考える」「オリンピックを考える」「東京スカイツリーを考える」等、その時々のエポック的なテーマを取り上げ一般より公募した塾生に講演。
講演 三重・葉枯らしフォーラム「ヒット学~森林・林業にヒットを生む可能性」 2012年
2月4日
三重県中勢森林組合主催イベントでの講演。天然乾燥木材の有効活用が地域活性化に繋がるとの講演を行い、高部京大教授とも対談。
研究発表会 ソーシャルメディアワーキングショップ「ソーシャルメディアにおける企業クチコミのコーポレートブランド及びサービスプランドの3.11前後の変化」 2012年
3月28日
ソーシャルメディアに関心のある物理学、社会学、マーケティング、言語学等の学者が一堂に会し行う定期的開催研究会。
講演 鳥取県智頭町講演会「ヒット学~地域活性と森林・林業の可能性」 2012年
3月1日
鳥取県智頭町寺谷町長主催の地域活性化研究イベントにて講演。
講演 糸魚川法人会主催「大ヒットの方程式~地域活性化と最新トレンド~」 2012年
4月
新潟県糸魚川市の法人会定期会合にて地域活性化の講演。
講演 奴奈川経済懇談会主催「大ヒットの方程式~地方活性化のキーポイント「ジオパーク」を事例にして」 2012年
8月
新潟県糸魚川市の経済懇談会で地域活性化のキーポイントとして「世界ジオパーク」での活性化を提言。米田糸魚川市長も出席。

URLなど

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.