山本和夫研究室

山本和夫

山本 和夫
デジタルコミュニケーション学部 教授
デジタルコンテンツ研究科 教授

主な研究テーマ

ストーリーマーケティング研究、ショートムービー製作

研究概要

本研究室ではブランデッドエンタテインメントの領域において映像コンテンツ制作とWebコンテンツ制作の狭間にある誰もがまだ手をつけていない領域をフィールドとし、ストーリーマーケティング理論を研究し、その理論に基づいて、コンテンツプランニング、コンテンツ制作実践を行う。様々な企業とそのプロダクトに対し一連のストーリーマーケティング活動をビジネスモデルとして確立する事を主目的とする。当研究室では実写に加え、CGやフラッシュなど最新技術も取り入れた映像ツールを駆使し、Webに最適化したエンタテイメント製作のメソッドに関して研究・開発を行っている。

ストーリーマーケティングとは-多メディア化が進み、テレビCMモデルに変化が起きている。企業がマーケティングツールとしてテレビCMの効果に疑問を持ち始めている。一方、ブロードバンドインフラが整備され、Web上での高画質の動画配信が可能になり、エンタテイメントを提供するスポンサーと視聴者(消費者)を企業HP上で直接つなげるビジネスモデルを構築できる可能性が出てきている。しかし、テレビと同じ広告モデルを、Web上で配信しても消費者の「心」を捉えることは出来ない。マーケティング要素をエンタテイメント作品の中に組み入れる新しいモデルが必要である。

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
プロジェクト イトーカンパニープロデュース「STAR Chart Project」 2005年
4月
共同企画ショートドラマプロジェクト、作品名「TORILOGIA」制作。劇場上映、BIGLOBE特集配信、DVD発売、BS朝日放映、ソニースタイルPSPソフトダウンロードサービス。
講演 Apple Store Ginza 2005年
11月
「チョコレートンの冒険!」上映メイキングセミナー。
プロジェクト 明治製菓株式会社ストーリーマーケティングサイトの研究 2006年
12月
実証研究として、明治製菓株式会社の協力を得て、明治製菓Webサイトにおいて、ストーリーマーケティング手法における新しいコンテンツ企画(ちょこっとフィルム、「チョコレートンの冒険!」を制作)。
テーマ研究 ストーリーマーケティング調査Webサイト運営 2007年
3月
シンノスケの御茶ノ水天文台観測日誌ストーリーマーケティングのメソッド開発と促進の為、企業や公共団体が提供するストーリー系のムービーコンテンツを御茶ノ水天文台が星に見たてて、観測。
プロジェクト 株式会社ジェーシービー共同研究プロジェクト 2008年
2月
ネット社会向け決済ソリューションの技術・商品の開発・研究を目的とした産学協同の情報交換セッション。
プロジェクト イトーカンパニープロデュース「STAR Chart Project」 2008年
3月
ショートドラマ制作プロジェクト、作品名『たとえば、どこでもない、空の下で。』制作、DVD発売。

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.