梅本克研究室

梅本 克

梅本 克
デジタルコミュニケーション学部
特任教授

主な研究テーマ

秋葉原におけるソーシャルキャピタルとしてのコミュニティデザイン

研究概要

秋葉原は、戦後から多種多様な趣味文化の中心地であり続け、今や日本のオタク文化の聖地として世界的に認知されている。これからも秋葉原がオタク文化において世界を牽引するには、秋葉原のブランド力を資源として活かしたコミュニティデザ インが必要になる。当研究室では、秋葉原に暮らす人たち、働く人たち、訪れる人たちと協働して有機的につながるコミュ ニティを創りだし、新しい文化と社会の創造と発展に繋がるソーシャルキャピタル(社会関係資本)を創発させることを目的 として実践・研究する。

専門領域・キーワード

文化経済学、オタク文化、秋葉原

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
書籍 躍進するアジアの産業クラスターと日本の課題 2008年
3月
創文社、共訳。
論文 創作活動の普及におけるコミュニティの役割 2008年
9月
『東アジアへの視点』第19巻4号、単著。「初音ミク」を事例に、ネット上でのコミュニティの形成と創作活動の普及を分析。
プロジェクト エール・フロム・秋葉原 2011年
4月〜
東日本大震災の被災者に対する秋葉原発の支援プロジェクト。
テレビ費出演 エール・フロム・秋葉原~被災地支援の新しい仕組み~ 2011年
4月
フジテレビ「めざましテレビ」にて解説のため出演。
講演 秋葉原の観光資源と観光戦略 2011年
4月
秋葉原観光推進協会定例会にて。
プロジェクト アキハバラを、編む 2012年
7月〜
秋葉原における文化発信コミュニティ育成プロジェクト。
学会発表 コスプレの文化経済学:その創造、流通、享受の変遷 2011年
7月
文化経済学会2011年名古屋大会(於名古屋大学)。

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.