杉山知之研究室

代表研究員 杉山知之教授

杉山 知之
デジタルハリウッド大学 学長

主な研究テーマ

Technology Culture

研究概要

この四半世紀、インターネット環境の上に、デジタルコミュニケーションは、加速度的にその応用範囲を広げている。今やインターネットは、人と人を結びつけるだけでなく、人と機械、機械と機械など、あらゆるものを繋げていく。この計算機科学を基盤とする変革は産業だけにとどまらず、人間社会にも大きな変化を起こし、今や人工知能は我々に、「人間とは何か?」という問いさえ要求しているようだ。

本研究室では、現代社会を『テクノロジーが文化を作っている時代』と捉えている。その立場から、先端技術を利用した表現について、研究、開発、制作などを行う。研究室に所属している院生や研究員は、それぞれ自由に個々のテーマを追求し、お互いがゆるく連携し協力し合って成果を出すというスタイルとなっている。

専門領域・キーワード

先端技術を使う本格的な芸術、耳には聴こえない超高音域のハイパーサウンド、インターラクティブストーリーテリング、ファッションテクノロジー、ドローンレースなど

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
文部科学省科学技術振興調整費による研究開発 関ヶ原の合戦を舞台とした侍の群集映像制作 2007年
11月
大規模な合戦シーンを作成するための群集システムの開発。第23回NICOGRAPH論文コンテストにて「審査員特別賞」を受賞。
研究会 未来フォーラム「2012年から2013年のデジタルコミュニケーションの動向」 2011年
4月
「2012年から2013年のデジタルコミュニケーションの動向」をテーマに中長期的なビジョンについて議論。
研究会 未来フォーラム「政治分野におけるネットメディアの展望」 2011年
5月
平井卓也衆議院議員をゲストに迎え、政治分野におけるネットメディアの展望を議論。平井卓也衆議院議員:自民党総務部会長(SC総務大臣)/IT戦略特別委員長/ネットメディア局長
研究会 未来フォーラム「WebUX, UIの未来」 2012年
6月
いまウェブ業界で活躍中のアートディレクターやデザイナーと、今も未来も変わらずに人々に求められるであろう「デザインの考え方」を導き出すディスカッションを行う。
研究会 未来フォーラム SIGGRAPH報告会 2012年
8月
8月5日から9日にかけてアメリカ ロサンゼルスで開催された、アメリカコンピュータ学会の国際会議・展覧会 SIGGRAPH 2012 の報告会。
研究会 未来フォーラム「ライフスタイル領域:未来のライフスタイル考察」 2012年
9月
日本においては明るい未来が待っているとは言えない状況の中、テクノロジーの進化によって世界の距離感が近くなり、人々のライフスタイルや就労形態も大きく変わろうとしている。デジタルハリウッドの留学生と共に日本人という枠にとらわれず多様な視点から未来を議論し本当の「豊かさ」を享受し明るい未来を創造していくために具体的に今後何を成すべきなのかを考察する。

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.