大島一豊研究室

大島一豊

大島 一豊
デジタルコンテンツ研究科 客員教授

主な研究テーマ

インサイト研究
デジタル時代の企業と消費者の関係に着目、そのポイントはメディア&コンテンツデザインにある。そこで数々のインサ イト研究を重ね企業の消費者創造資源としてその枠組みを構築する。

研究概要

デジタルメディアの急速な普及にともない私たちを取り巻く情報環境の変化は無視できない。現代はモノからコト・サービス時代と言われ、メディア&コンテンツのあり方も従来の認知価値・交換価値重視から使用価値と経験価値に移行してきている。企業は、デジタルメディアによる消費者との対話で得る情報を消費者創造資源として使用価値・経験価値を高めるメディア&コンテンツをいかに設計するかが問われている。これらの方向性を導き出したい。

専門領域・キーワード

デジタル時代のマーケティングにおけるターゲットとメディア。インサイト、メディア&コンテンツデザイン、ブランディング

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
研究発表 CCメソッド基本概念とCCテクニックの体系化 2006年11月 日本広報学会
研究発表 CCメソッド2.0マーケティングPR研究 2007年3月 日本広報学会関西部会
研究発表 企業ブランディングと感性工学 2013年5月 日本感性工学会関西支部
著作 『企業ブランディング』 2010年1月 中央経済社 共著
著作 『リテール・ブランディング』 2010年9月 中央経済社 共著
著作 『コミュニティ・ブランディング』 2011年4月 中央経済社 共著
著作 『メディア・ブランディング』 2012年9月 中央経済社 編著
講演 新世代・広報プランナー講座(全5回)
広報実践講座(全5回)
2010年1月
2011年1月
関西社会人大学院連合
(宝塚造形芸術大学大学院) (京都産業大学大学院)
講演 大学広報におけるWEB活用 2012年12月 学校法人追手門学院
講演 広報戦略における自社メディアプランニング 2013年6月 日本PR協会

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.