三淵啓自研究室

三淵啓自

三淵啓自
デジタルコンテンツ研究科 教授

主な研究テーマ

現実社会と仮想社会の融合における人間の新しい価値の創造

研究概要

VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(融合現実)コンテンツ制作や深度センサー、多眼カメラ、360度カメラなどを活用し、仮想空間と現実空間を融合することで可能となる、ソーシャル活動の新しい価値の創造で、仮想経済市場を研究していく。

専門領域・キーワード

VR、AR、MR、仮想世界、SLAM、ソーシャル、インタースペース

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
研究 戦国バサラプロジェクト 2010年
10月
株式会社カプコン様との仮想世界における、キャラクターグッツ流通実験。
研究 異文化におけるゲーム開発教育(サウジアラビア) 2010年
6月~12月
サウジ政府教育機関によるゲームエンジニア養成コースのカリキュラム設計及び運用。
研究 拡張仮想(東北被災地)三淵研究室 2011年
6月〜現在
国土地理院の関東から東北八戸までの1024分の1の地図を作り、原発や被災地の様子をグーグルマップからのデータなどをマッピングした空間をセカンドありぐ内に構築、アートイベントなど開催。
研究 同化プロダクトの3D化処理独立行政法人海洋研究開発機構 2012年
2月〜3月
震災漂流物モニタリングにかかる同化プロダクトを3D化し、その動的シミュレーションを、3D空間でシミュレーションできるアプリケーションを3DプラットフォームUnityを用いて開発。
研究 ARデモ バーチャルミラーの実験最先端IT推進コンソーシアム 2012年
8月
先端IT推進コンソーシアムとの共同研究で、仮想の鏡を、ゲームエンジンUnityを使って、つくり、自分と先生の映像などを重ね合わせてみることによって、教育に活用する実験。
研究 ゲームエンジンUnityを活用した、仮想世界の研究 2012年
6月〜現在
3Di社のクラウドシステムを活用し、デバイス非依存の、水中生物アバターのチャット世界の研究。

URLなど

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.