黒田順子研究室

黒田順子

黒田 順子
デジタルコミュニケーション学部 准教授

主な研究テーマ

3DCG表現研究

研究概要

3DCG表現技術の研究。MAYAなどの3DCGソフトの研究、Z-Brushなどのスカルプト表現および立体プリントアウト制作研究、マッチムーブなど実写との合成および編集研究、RenderMan for Mayaなどのレンダラー研究、ダイナミクス研究、モーションキャプチャ研究、ステレオスコピック研究などを重点的に研究を行っていく。

こうした研究活動をとおして、蓄積された3DCG表現に係わる知識を、本研究室を中心として発信を進める。また、学生を本研究活動に積極的に参加させることで、幅広い視野を持ち、高い技術力と芸術性を併せ持つCGデザイナーの育成を行う。

主な研究実績

活動分類 活動テーマ 活動年日 活動概要
講演 CG・アニメーション表現と人材育成 2010年
3月26日
2010年3月26日、東京ビッグサイト東京国際展示場にて開催された、東京国際アニメフェア2010シンポジウム「アジアのCG・アニメーション表現と人材育成」にて講演。
テキスト作成 3DプリンタUPrintのチュートリアルの作成 2011年
6月~
3DプリンタUprintを使用しての立体造形制作指導およびチュートリアルの作成指導。
制作指導 モーションキャプチャ撮影 2012年
2月/7月
モーションキャプチャ撮影およびモーションデータ使用作品の作成指導。
テキスト作成 MAYAテキストの作成 2012年
4月
MAYAテキスト1300Pのバージョンアップ対応。
学会視察 SIGGRAPH2012 2012年
8月
SIGGRAPH2012視察。

Copyright(c) 2011 Digital Hollywood Co.,Ltd. All Rights Reserved.